奈良で和モダンの注文住宅・二世帯住宅を建てるなら「やまぐち建築設計室」へ

Column[家づくりのノウハウ]

暮らしを考える収納計画

既存の住まいでの収納場所を見直す

既存住まいで「暮らしやすい住まい」を検討する場合、「器となる住まい」の「容量」を変えることはかなり難しい状況です。
新築やリフォームであれば「新規計画」として「収納とのバランス」を視野に設計はできますが、収納のために家を新築するわけではないし、リフォームも同様です。

ここでは既存の状態を把握しながら掃除、片付けもしやすく、「物が溢れにくくなる工夫」を考えていきたいと思います。
まず、「暮らしそのもの」を考える必要があります。人は住まいの中で「物を使う時」どのようにしているでしょうか。物を収納してある所から出して使うところで使い、その後またあったところへ物を収納するといったことが多いかと思います。

例えば、季節毎に使う物を「手元」に収納を考えるのは難しいですが、「日用品」や「掃除道具」「ストック品」などは、「使うところに近いところ」に「物の居場所」としての「収納」を用意した方が良いと考えます。
これは、物を使った後もついついそこに置いたままになってしまいがちです。例えば、テーブルの上などに物が置いてしまい、さらに別の物を使った際も「そこ」に置いてしまう。それが繰り返されて結局は「置いたまま」で「片付かない」という事になってしまいます。それを防ぐために、「物の居場所」としての「収納」が必要です。



収納する物を分ける際に、その「癖」がよくわかります。例えば「種類で分ける人」、「大きさで分ける人」、「使う頻度で分ける人」など、その癖の種類にも様々あります。そこを認識したうえで、「収納ケース」の振り分けを計画してください。ホームセンターなどでも売っている「カラーボックス」や「ファイルボックス」等を利用して「高さ方向」を有効に使い「収納物の種類」を「色」や「文字」で振り分けたりするなど、自分達が覚えやすい振り分け方を何度かシュミレーションし、振り分け方を判断する事をお勧めします。シュミレーションを行うことで、どこに何が置かれているのかが把握しやすくなり、探す苦労も少なくなります。ちょっとした工夫が時間も余計なイライラもなくすことにつながり、結果、心地よい時間が増えることに繋がります。

「使うものは使う場所の近くに収納する事」が基本となり、収納場所の位置関係は大切です。そして、収納の「癖」を持っている事なども考慮してください。それくらいであれば、大規模なリフォーム・リノベーションを行う必要もなく、ましてや新築することもありません。

「暮らしを見直す」だけで「片付け」や「暮らしのイライラ解消」にもつながる上、新しい発見も生まれ、そこから新しいコミュニケーションが生まれることも期待できます。

 前のページへもどる

お問合せ・資料請求

お問合せ

やまぐち建築設計室では、お問合せ・資料請求を行うだけでは費用は掛かりません。

※ご相談を重ねても費用が掛かる前の段階でキッチリ説明いたします。

※ご連絡いただいたお客様に対してしつこい営業行為は行いません。

※日中は打合わせ等で留守にしている事が多いためメールでのお問合せが確実です。

※お問合せの前に「住まいのQ&A」ページもご覧ください。

TEL:0744-47-2750 受付時間 9:30~18:30 定休日:日曜日

※当サイトのお問合せ・資料請求フォームは24時間ご利用いただけます。

対応地域

奈良県全域に対応

奈良市/生駒市/大和郡山市/天理市/宇陀市/桜井市/橿原市/大和高田市/香芝市/葛城市/御所市/五條市
生駒郡[平群町/斑鳩町/三郷町/安堵町] 北葛城郡[王寺町/河合町/上牧町/広陵町] 磯城群[川西町/三宅町/田原本町]
山辺郡[山添村] 高市郡[明日香村/高取町] 宇陀郡[曽爾村/御杖村] 吉野郡[大淀町/下市町/吉野町/川上村]

※県外の場合もご相談ください。大阪・三重・京都・和歌山など、奈良県近郊も実績があります。

お申込みの方全員に無料でお届け中

ニュースレターは家創りの為のお役立ち情報、知らないと損をする家創りの豆知識などを盛り込んだ、月1回手元に届く「知って得する情報誌(ニュースレター)」です。お申込みはお問合せフォームから。

サイトを見てご依頼された方への特典

当サイトからご相談~設計のご依頼いただいた方へ、世界でだたひとつ、写真家が撮影したあなたの家の写真集を工事完成後にお届けさせていただきます。