奈良で和モダンの注文住宅・二世帯住宅を建てるなら「やまぐち建築設計室」へ

Column[家づくりのノウハウ]

暮らしを考える収納計画

収納計画 家事の時間と一日の過ごし方

先ずは生活スタイルの見詰め直しからスタートします。
単純に「間取り」を考えてそこに「平面的に10%から15%」の収納場所を計画するというセオリーは出来る限り避けたと考えています。

建売的、規格的な計画ではなく、「暮らしに寄り添う住まい」として、各家庭の生活文化もそれぞれなので、念入りに具体的な話しをし、希望を聞き、世間話や子育ての話し、仕事の話しなどもしたりします。実はそんな会話から「計画に必要な要素」が生まれてきたりするのです。
実際の生活そのものを生活者自身が言葉として発する際には「意外にそれを理解していない」事が多かったりします。

実際の暮らしにあてはめて「余談」を行うことで「重要な要素」が見えてきたりします。生活とはそういうものなのかも知れません。

話を元に戻すと、朝起きてから夜寝るまでの行動。その休日の動きと、平日の動きを読み解きながら設計のアイデアを練り磨き上げていきます。



家の中で「じっとしている」事はなく、生活しているのだから「屋内空間」での「移動」が存在します。人の動きを「動線」と呼んでいますが、その「動線」を紐解くことで、「収納」の計画もかわってきます。使うものは使うところで収納を考えるという観点からです。

実際に大きな物を収納する場所が必要な場合を除いて、「使うもの」は「使うところ」でが基本です。片付けが面倒になる理由の一つに「収納場所が離れている事」、「一度収納すると出しにくい」などの理由が上げられます。

収納はおおきな場所があれば良いということではなくて、適切な広さが重要であり、持ち物の容量と合わせて「大きさ」のバランスを計画しておくことを視野に「収納計画」を練ります。
せっかく大きな場所を用意しても、奥へしまえば手前へどんどん物を置く事によって奥の物がだしにくくなるからです。使って初めて気づく人もいるので、「集中型となる大きな収納スペース」のメリットとデメリットを含めて、初めによく話しておきたい事柄です。
一か所にまとめてしまう収納には、そういうった落とし穴があるので気を付けてください。ですので「大きな物」を収納する場所は位置と物を限定し、「その他」は分散させる分離型の使うものは使うところでの収納とした方が良いと考えています。

家事の時間と一日の過ごし方を考えて。

 前のページへもどる

お問合せ・資料請求

お問合せ

やまぐち建築設計室では、お問合せ・資料請求を行うだけでは費用は掛かりません。

※ご相談を重ねても費用が掛かる前の段階でキッチリ説明いたします。

※ご連絡いただいたお客様に対してしつこい営業行為は行いません。

※日中は打合わせ等で留守にしている事が多いためメールでのお問合せが確実です。

※お問合せの前に「住まいのQ&A」ページもご覧ください。

TEL:0744-47-2750 受付時間 9:30~18:30 定休日:日曜日

※当サイトのお問合せ・資料請求フォームは24時間ご利用いただけます。

対応地域

奈良県全域に対応

奈良市/生駒市/大和郡山市/天理市/宇陀市/桜井市/橿原市/大和高田市/香芝市/葛城市/御所市/五條市
生駒郡[平群町/斑鳩町/三郷町/安堵町] 北葛城郡[王寺町/河合町/上牧町/広陵町] 磯城群[川西町/三宅町/田原本町]
山辺郡[山添村] 高市郡[明日香村/高取町] 宇陀郡[曽爾村/御杖村] 吉野郡[大淀町/下市町/吉野町/川上村]

※県外の場合もご相談ください。大阪・三重・京都・和歌山など、奈良県近郊も実績があります。

お申込みの方全員に無料でお届け中

ニュースレターは家創りの為のお役立ち情報、知らないと損をする家創りの豆知識などを盛り込んだ、月1回手元に届く「知って得する情報誌(ニュースレター)」です。お申込みはお問合せフォームから。

サイトを見てご依頼された方への特典

当サイトからご相談~設計のご依頼いただいた方へ、世界でだたひとつ、写真家が撮影したあなたの家の写真集を工事完成後にお届けさせていただきます。